1日5分!肩こり解消のためのフォームローラー3つの使い方

肩こりがツライ…。
フォームローラーを使うと肩こりが良くなるって聞いたけど、どんな使い方をしたらいいの?

この記事は、肩こりに悩んでいる方へむけて書いています。

フォームローラーを使って肩こりを解消した私が、実際に行っていた3つの使い方を写真付きで紹介していきます。

フォームローラーを使うことでツラい背中や肩のコリがラクになりますよ!

この記事を読むと分かること

肩こり解消のためのフォームローラーの使い方
フォームローラーの選び方
フォームローラーのオススメ3選

肩こり解消にはフォームローラー

フォームローラーとは、トレーニングやコンディショニングを目的としたグッズの1つです。

筋肉をほぐしたり、身体の柔軟性を高めたりすることができます。

また、背中などをフォームローラーの上に乗せてコロコロとするだけで、ツラい肩こりが解消されるんです!

肩こりがツラい方にはぜひ使ってほしいグッズです!

肩こり解消のためのフォームローラーの使い方

肩こり解消のためのフォームローラーの使い方を紹介します。

まず、実際に私が使っているフォームローラーがこちらです。

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) のグリッド フォームローラー

6年使っています。

少し柔らかめ、凹凸がありますが身体を乗せているときは凹凸は気にならず使うことができます。

では、さっそく使い方を紹介します!

背中コロコロ

フォームローラーに背中を乗せ、お尻は少し浮かす。

頭は腕でしっかりと支える。

フォームローラーをゆっくりと動かす。

背中全体をホグしていきます。

コリの気になる箇所は入念に!

脇の下コロコロ

身体を横に向け、フォームローラーに脇の下あたりを乗せる。
広背筋あたりにフォームローラーが触れるように、小さく動かしていく。
※赤い部分が広背筋です。

胸と背中のストレッチ

肩甲骨よりやや下にフォームローラーがあたるように、身体を乗せる。

腰を痛めやすいので膝は立てる。

両手を遠くの方へ伸ばす。

そのまま20秒くらいリラックスしながら呼吸する。

痛みや違和感がある場合は、ムリして行わないでくださいね。

紹介した3つの使い方で、私は肩こりを解消しました。

1日5分でも良いので、毎日続けてみてください!

フォームローラーを選ぶときのポイント

フォームローラーを選ぶときのポイント

フォームローラーを使うことでツラい肩こりが解消されますが、自分の身体に合ったものを選ぶことが大切です。

自分の身体に合ったものを選ぶことで、効果も実感しやすく長く使うことができますよ。

しかし、たくさんの種類があるので、どれを選んで良いのか迷ってしまうんですよね。

それぞれに特徴があり、どの商品も使い心地が違うんです。

そこで、フォームローラーを選ぶときのポイントを実際に使ってみた経験も踏まえて紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

ポイント1:サイズ

フォームローラーのサイズはそれぞれ異なりますが、大体30センチ前後です。

フォームローラーを選ぶときのポイント

30センチあれば、背中や肩、お尻、太ももなどのあらゆるところに使うことができます。

20センチ以下のものだと、広範囲で使えないので少し不便です。

30~35センチのフォームローラーを選ぶのがオススメです!

ポイント2:硬さ

フォームローラーを選ぶときのポイント

硬さは、柔らかいものから硬いものまで様々です。

はじめての方は柔らかめのもの、普段からスポーツをされる方は硬めのものがオススメです。

しかし、柔らかすぎると身体への刺激が少なく効果をあまり感じられないこともあります。

かと言って、硬すぎると使っていて痛いこともあります。

ですが、実際硬さに関しては触れてみないと分からないものですよね。

なので、実際に店頭で触れてみるか、口コミなどを参考にするとよいですよ。

ポイント3:凹凸

フォームローラーを選ぶときのポイント

フォームローラーの表面は、凹凸があるタイプとないタイプにわかれます。

凹凸があるタイプのものは、突起の大きさや形状など商品によって様々です。

はじめて使う方は突起がないものか少なめのもの、普段からスポーツをしている方は突起が多いものがオススメです!

フォームローラーおすすめ3選

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) グリッド フォームローラー

使いやすさが抜群!
参考価格:5,500円
長さ:33センチ
直径:14センチ
重さ:604g
付属品:写真付きガイドブック
トリガーポイント(TRIGGERPOINT) のグリッド フォームローラーは、日本でフォームローラー人気を起こした元祖の商品
サイズ感、柔らかさ、重さ、耐久性、デザイン、どれをとっても抜群です。
背中や腰、お尻、太もも、ふくらはぎなど、どこに使用しても使い心地がとても良いです。
その使いやすさから、多くのアスリートが使用していることでも有名です。
日本正規品であれば、1年保証がついてくるのも安心。
間違いなく1番オススメできる商品です。
私が購入した6年前くらいは3色ほどしかなかったような気がしますが、最近では人気の高さから新色も発売されましたね!デザイン性が高いのも魅力です。
インフィ(IMPHY) フォームローラー

突起が3種類!
参考価格:4,378円
長さ:33センチ
直径:13センチ
重さ:約536g
付属品:なし
インフィ(IMPHY)のフォームローラー の最大の特徴は、突起が3種類あること。
そして、凹凸が深め。
それぞれの突起によって、筋肉への刺激が変わります。
例えば、
「ふくらはぎはこの突起!」
「足の裏は痛いからこの突起!」
といった感じで、場所によって変えられるのが魅力です。
価格がお手頃なのも良いですね。
ドクターエア ストレッチロールS

振動で筋肉が緩む!
価格:16,732円
長さ:32センチ
直径:15センチ
重さ:870g
付属品:充電用ACアダプタ、取扱説明書、12ヶ月保証
ドクターエアのストレッチロールは振動タイプ
自分で動かさなくても振動刺激により筋肉が緩んできます。
また、振動させながらストレッチすると更に効果的。
可動域が広がるのを感じられ、とにかく気持ちが良いです!
足を乗せながら寝てしまうくらいの気持ちよさ。
電動タイプなので価格が高いのがネックですが、それ以外はパーフェクトです。

迷ったらコレ!1番オススメのフォームローラー

迷ったらコレ!1番オススメのフォームローラー

オススメのフォームローラーのことはだいたいわかったけど、結局どれにしたらいいんだろう?

という方もいるかもしれませんね。

そんなあなたのために…、

私が1番オススメするのはトリガーポイント(TRIGGERPOINT) のグリッド フォームローラーです。

▶▶トリガーポイント(TRIGGERPOINT) のグリッド フォームローラーをもう一度チェックする

圧倒的な使いやすさと、持ち運びにも困らないサイズ感。

私は6年もトリガーポイント(TRIGGERPOINT) のグリッド フォームローラーを使っていますが、その使いやすさは他の商品と比べると抜群に良いですよ。

その他、トリガーポイント(TRIGGERPOINT)の商品については、こちらの記事でも紹介しています。

まとめ:肩こり解消は1日5分、3つの使い方でOK!

フォームローラーを使って肩こり解消するためには、

紹介した3つの使い方がオススメ!
1日5分を毎日続ける
自分に合ったフォームローラーを使う

ツラい肩こりも、フォームローラーを使えばビックリするくらいラクになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

こちらの記事もオススメ!

おすすめの記事